菊水楼 開業130周年

一日一日、心をこめて 時を重ね、未来へつなぐ

一日一日、心をこめて 時を重ね、未来へつなぐ

messageまっすぐな想いを、みなもとに
次の130年への日々を重ねる

1891年、菊水楼は開業し、今年130周年を迎えます。
130年の長きにわたり、
お客様とご縁を結び続けることができたことを感謝いたします。

お客様に豊かな時をすごしていただきたい。
まっすぐな想いを、みなもとにして、
私たちは、一日一日と、年月を重ねてきました。
そのことが、菊水楼の礎となっています。

結びの時を鮮やかに
次の130年へと受け継いでいく

130年の間には、多くのお客様がご家族や大切なご友人と節目の時、
人が人を大切に想い、重ねた時を愛おしみ、街を慈しむ
そんな様々な想いがひとつになる、
結びの時を菊水楼で迎えてくださいました。
菊水楼を受け継いでいくことは、
お客様の想いと記憶を残し続けることでもあります。
いつ訪れても、結びの時を鮮やかに思い出していただけるよう
そして、新たな時をお過ごしいただけるよう
まっすぐな想いを、次の130年へと受け継いでいきます。

plan130周年記念プラン

130周年記念プラン〜遥かなる大和〜

ウェディング

130周年記念プラン〜遥かなる大和〜

明治24年の創業時から引き継がれる料亭の和会席。ハレの日にふさわしい器や食材をふんだんに用いて、130周年を記念した特別祝会席をご用意しました。また、提携先ホテルであるJWマリオット奈良ジュニアスイートルームのご宿泊ご招待も。大切な時間を、大切な人と、ゆっくりお過ごし下さい。

40名様 164万円

詳しく見る

お顔合わせ・ご結納プラン

ウェディング | 料亭

お顔合わせ・ご結納プラン

ご両家のご縁を結ぶ和やかなひと時。お二人の末永いお幸せを祈り、心のこもったサービスと、お慶びの席にふさわしいお料理でお手伝いさせていただきます。縁起物の食材、尾頭付きの鯛を使った祝い会席と、お写真撮影、記念の持ち帰りお菓子がセットになったプランです。 ※画像はイメージです。

詳しく見る

菊水楼オリジナル・パウンドケーキ

レストラン | 和食

菊水楼オリジナル・パウンドケーキ

かつては本館でも洋食を提供していた菊水楼。昭和50年創業の「欧風レストラン菊水」では、ドライフルーツがたっぷり入った「フルーツパウンド」を、お得意様限定で焼いてさしあげておりました。この度130周年を記念し、新たなお持ち帰り商品として復刻登場。菊水楼の新たな定番商品になることを見据えた菊水楼オリジナルのパウンドケーキです。また、2021年の一年間だけ、朱色の特別パッケージにお詰めします。
おひとつ1,300円(税別)

うな菊5周年感謝祭

レストラン | うな菊

うな菊5周年感謝祭

うな菊は2021年に5周年を迎えます。日頃の感謝の気持ちを込めまして「うな菊5周年感謝祭」を開催いたします。期間中にご来店いただいたお客様には、次回の店内ご飲食利用でお会計より5%OFF+ワンドリンクサービスいたします。

ご予約はこちら

130周年記念・全館貸切プラン

宴会

130周年記念・全館貸切プラン

菊水楼の約1,800坪の敷地内の全て、本館・別館・洋食棟をご利用いただく貸切プラン。奈良公園の自然を感じることができるガーデンでのアペリティフ、舞台付き宴会場での会食、音楽堂でのセレモニー、イベント会場として等、専任プランナーがサポート。会場使用料が通常約256万円のところ、2021年のみ特別価格の130万円でご利用いただけます。

全館貸切1,300,000円(税別) 

※火曜日限定プランとなります。
※飲食代は別途となります。

お問い合わせ

130周年記念特別会席

料亭

130周年記念特別会席

会席料理の礎となった茶懐石を元にした130周年記念特別会席をご用意。日本人の原点ともいえるお米をまず最初にお召し上がりいただく「一汁三菜」から始まります。代々受け継がれてきた数々のお料理をご堪能いただいたのち、最後にお抹茶をお楽しみください。

お一人様 13,000円(税別) 

※別途消費税とサービス料がかかります。

詳しく見る

history菊水楼の歴史

  • 明治
    17年頃

    大和郡山城下で旅篭「菊屋」を営んでいた岡本善蔵(ぜんぞう)が、一の鳥居前の興善院とその周辺の土地、計約3,500坪を数年かけて入手する。

  • 明治
    22年

    尾田組により2階建ての料亭の建造に着手。完成に2年を要する(現在の旧本館)

  • 明治
    24年

    7月1日「郡山菊屋奈良支店・菊水楼」として開業。国内および海外からの要人の迎賓館としての役割を果たす。

  • 明治
    35年

    西側に3階建ての新館を増築(現在の本館)。当時珍しかったビリヤード台が設置される。

  • 昭和
    20年

    敗戦。進駐軍に接収される。座敷の畳を剥がされ板敷きとなり、調度品などの多くの財産を失う。

  • 昭和
    32年

    約12年の苦難を経て、晴れて旅館業を再開する。

  • 昭和
    50年

    本館の南側に「欧風レストラン菊水」を新築し(現在の洋食棟)、フランス料理を中心とした洋食を提供する。

  • 昭和
    55年

    本館の西側に「菊水楼別館」を新築し、日本料理をリーズナブルに提供する「和風レストラン菊水」を営業する。

  • 平成
    12年

    正門・庭門・本館・旧本館が登録有形文化財に登録される。

  • 平成
    26年

    洋食棟を改装し、The Kikusuiro Nara Parkとしてブライダル事業を始める。

  • 平成
    28年

    本館離れを改装し、国産活鰻を使用したうなぎ専門店「うな菊」を開業する。

Copyright © KIKUSUIRO All Rights Reserved.

↑ PAGE TOP